2011年12月28日

しつけ教室にて一筋の光を得る

夏風の唯一ともいえるウイークポイント・・・「他犬の攻撃性」は、私の威厳をしっかりさせることで少し抑えることが出来る。・・・ということは分かっていましたが、今回の先生からのレッスンで、更に先が見えた気がしてまいりました。

サクッと見せてくれた先生のオビのスゴいことスゴいこと。

「一歩先のオビ。ここまでやって本当のしつけなの(笑)」

夏風と先生の間に鉄の棒がつながっている感覚。

楽しいぞ。パパはまた新しい楽しさを見つけたぞ。

しかし難しい。タイミングがとてもシビアですわ。

今日はパパも知恵熱がでたぞ、夏風。
あ、夏風もお疲れ?(笑)

IMG_0074.JPG

あまりに疲れたので、ストーブの前に毛布を広げてゴロンと。
すると夏風もやってきて私の懐にゴロンと(笑)

私たちは仲良し親子なのだ!
明日から頑張ろうね。
タグ:しつけ教室
posted by goro at 19:23 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドッグスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

平塚、ST連合会東日本アジリティー競技会に行ってみる

22日の夜になって、急に行きたくなってしまった。
23日の平塚へ。

岩手の先生に先日お渡しできなかった書類を渡せるし、
先生方やスクールのメンバーたちの走りも拝見したい。
ここのところ夏風と出掛ける機会がなかったしね。

まだやることが残っているので、出られても朝日が昇ってから・・・
大会のスタートから見ることは到底無理。
お昼前につければ。

6時に起きて、夏風を散歩。
朝食を軽く済ませて、クルマの助手席に。
ひたすら高速なので暇だし夏風を撫でながら行こう。

東北道にのってすぐの東の空。

stf_01.jpg

勘でシャッターを切った割には良いんじゃない?
iPhone4Sの新しくなったレンズは、なかなかに良い具合だと思います。
明るく、変に固くない。

山手トンネルの大橋JCT付近、横浜町田IC付近の二カ所は相変わらず混むね。
連休初日ですもの、仕方ないか。

厚木ICを降りて平塚の会場に向かっている時に、
保護犬だった夏風の預かりさんだったゆうさん宅にも行けたらいいかな・・・なんて。
電話を入れてみると「今日はワンコが大勢集まる日」だったそうで(笑)

会場入り。駐車証を買って駐車場へ。

夏風は会場にいれません。
夏風のギャン吠えを会場に響かせるわけにはいかない(笑)
トイレ散歩だけ済ませて、クレート待機です。

会場は極寒。
曇り空と北風と底冷え・・・那須の寒さとはひと味違う寒さですね。
サーモスにしょうが湯を入れておいて良かった。かなり助かりました。

先生方やスクールのメンバーの走りは感動と発見の繰り返し。
よかった。見に行ってよかった。自分も走りたい!

stf_02.jpg

アジリティーの魅力をたっぷりと感じました。

会場を後にして、ゆうさん宅へ。
お宅はワンコだらけ。ゆうさんちのワンコの家族が集まっているのでした。
当然ココでも夏風はクレート待機。
こんなに大勢いたのでは何が起こるか分かったもんじゃない。
ましては子犬が数匹いる。こりゃ危険です。
旦那さんがお帰りになるまでご厄介になってしまった。
全てのワンコが撫でてと来てくれたのでオジサン嬉しかったよ。

ワンコたちを別部屋に退避させ夏風をいれてみると、
ゆうさんご夫妻のことを覚えているようで、撫でてと尻尾をふりふり。
一通り撫でて撫でての後に私のところに戻ってくる。
彼なりの処世術を垣間みた感じ(笑)
夏風が入っていた部屋に連れて行ってみると顕著な反応。
く〜ん、きゅ〜ん。
パパ置いてかないでと訴えかけてくる(笑)
誰が置いていくもんかね(笑)

ココにいた記憶と、私のもとへ来たときの記憶が蘇ってきたのでしょうか。

ゆうさんご夫妻には申し訳ないけど、
顔合わせは出来ますが、お宅にはもう入れない方が良いですね。

帰り道の夏風はいつもの感じに戻ってましたのでご安心を。
東名の海老名あたりの渋滞だけサクッと抜けたら、後はスイスイ。

体格、バネ、バランスの良さ。人への攻撃性は今や皆無。
夏風はね、本当に良い子なんだな。つくづく・・・思う。
他犬への攻撃性さえ何とかなれば、パーフェクトなワンコなんだと実感。
posted by goro at 11:20 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドッグスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

皆既月食の撮影

あれ?
投稿していたつもりでしたが、まだやってなかったようです。
先日の12月10日、皆既月食の撮影のご報告を。

まずは動画で。
デジカムのズームを最大にすると、お月さんが数分で画面から消えちゃうくらい寄れちゃうので、少し魅き気味で。
露出はマニュアル。
iPhoneで「月の繭」を聴きながら撮影してましたので、それがBGMになっていました。
でもいろいろ面倒くさいことになるとアレなので無音に編集しています。




次のは、デジイチで。
なんと手持ちで撮りました(笑)

total_lunar_eclipse.jpg

f/5.6
1/6sec
iso400
200mm

三脚はデジカムで使っていたので、手持ちで。
いや、移し替えれば良かったんですけど、極寒のなか作業するのが面倒だったものですから(笑)

若干ブレてますね。

もうひと踏ん張り長めの望遠が欲しかったな・・・ああ、レンズ沼にはハマるまい・・・。
posted by goro at 21:08 | 栃木 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | カメラのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

ジェリコ&ジェニーのアジリティーセミナー2012について

来る2012年1月の18日〜24日、茨城県の笠間市にある永田ドッグスクールにてアジリティーのセミナーが開催されます!

zjseminar007.jpg

スウェーデンのジェニーとクロアチアのジェリコ、二人ともその国の代表でもある有名アジラーです。

そんな二人が手取り足取り本場のアジリティーのレクチャーをしてくれるというのだから、
「アジリティーをもっと上手くなりたい」
「アジリティーをもっと楽しみたい」

というハンドラーなら気になるセミナーでしょうね。

セミナーの告知ページはこちら!

はい、お察しの通り、このページも私の手によるものです(笑)
そしてセミナー記念Tシャツのデザインなどもお手伝いさせていただきました。
これ↓

zjseminar_t01.jpg

色は4つ、イエロー、ピンク、ブルー、オレンジです。
参加者には無料で配られます。記念品ですね。
そして少しだけ余裕をもって作るので、それはセミナー会場にて販売されます。
私はオレンジがいいかな(笑)

私と私の夏風は残念ながらセミナー参加資格に届きません。
「他犬にガウッと行っちゃう」・・・これではセミナーどころではありませんね(笑)
仕方ないので、見学だけさせていただこうかなと思っています。
あ、見学も有料ですのでご注意を。
しかし、夏風の攻撃性さえなんとかなればセミナー参加したかったなぁ・・・。
初心者用のクラスも用意されるっていうし。いいなぁ・・・。

受けてみたいという方は永田ドッグスクールに連絡してみるといいかも。
詳細は上記セミナーページに書いてありますので、ご一読後にスクールの先生に、
「私、セミナー受けてみたいんですけど〜」と電話すればOK。
くれぐれもページにも書いてある「セミナー参加資格」のところを要チェックでね。

18日・19日のセミナー見学を予約(笑)

posted by goro at 17:47 | 栃木 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドッグスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

DVD化おめでとう!映画『きつね』

地上波では放送できない映像

『きつね』

昭和58年の日本映画。

この映画、「放送禁止映像大全」という本で紹介されているらしい。

中年男性と14歳の少女が「致しちゃっている」シーンがある・・・ってことで放送されない映像。
それゆえ後々DVDなどにもならないという、不遇な作品なのですね〜。

今回チャンネルNECOで流れてたのでREC!
名画との噂もあって、というか興味半分もあって拝見しました。

とても良い作品でした。ちょっとした感動でした。

昭和風の絵づくり。音楽の使い方も昭和。脚本のセリフ回しも昭和。
でも、なんだろうね。とにかくキレイな映像。北海道の大自然が色濃い。
そして、ヒロインの少女の目線が一直線で、観客の私でさえドキッとする。

主人公の学者役が歌手の岡林信康!
セリフが「棒」なのは仕方ないけど、逆に不器用さ純朴さが合っているかなー。
ヒロインの少女役が高橋香織という新人。
この人、この映画以降目立った活動はしていないらしい(wikiってみた)(ちなみに女優高橋かおりとは別人)

ちょっとオカルトチック。(あの音楽の使い方は、ダメだよ〜、もう勘弁して〜)
ちょっとファンタジー。(少女との出会いのシーンなど、おとぎ話のようにもみえる)
そしてなによりも、純粋なラブストーリーなんでしょうね〜。

で〜、なんとこの度、この『きつね』が2011年11月23日に松竹DVDコレクションとして見事ソフト化されたそうです。
時代が少しだけ優しくなってくれたのか・・・
いやいや・・・まだまだ、つまらないゴネに悩まされている作品が多いのだろうね〜。



「問題のシーン」だって昨今の深夜帯のドラマの方がよっぽどエグい。少女の肩が見えているだけのものです。
そりゃ確かに14歳という年齢が邪魔したんだろうけど、それでも問題視するレベルのものではない。それよりも見るべきところは別にあると思うのですがね。
この映画、もっと評価されてほしいなー。

少女の成長と北海道の大自然の移ろいが妙にシンクロする物語。・・・『きつね』・・・良かったよ!
タグ:映画
posted by goro at 14:32 | 栃木 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
那須塩原のホームページ制作はHIPsまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。