2012年09月12日

痺れる一枚!Perfume Global Compilation LOVE THE WORLD

今回のアルバム「Perfume Global Compilation "LOVE THE WORLD"」というタイトルなのですが、「love the world」という名前は過去にもシングルで出ているので紛らわしくないかなと。ファンたちの間ではより通じやすい「Global Compilation」の方が通称になるのかな、などと予想してみたりして。

以前にもどこかで触れましたが、いわゆる「世界に向けての名刺代わりの一枚」ともいえるベスト盤です。徳間から出る最後の盤になるのかもしれませんね。
(Perfumeは2012年に徳間からユニバーサルジャパンに移籍しております)

収録曲の中で一番古いのは「エレクトロ・ワールド」。彼女たちが高校生だった頃の名曲。私が最初に心をつかまれた曲です。一番新しいのは「レーザービーム」。2011年の曲。2006年から2011年の良いとこ取りですもの。こりゃ買わないわけにはいかないでしょうってことで初回限定版が手元にあります。

IMG_0471.JPG

さてこのGlobal Compilationですが、そのリストを見ると一つの法則が見えてきます。

彼女たちの楽曲の中で一番知られている「ポリリズム」からスタート。ガンガン盛り上げる名曲が続いて、中間にとってもクールな着替え曲の「Butterfly」をおいて小休止。水分補給したらすぐさま「FAKE IT」でトップレンジまであげて後半スタート!そして「GLITTER」「MY COLOR」「Dream Fighter」とメッセージがこもっている曲で締める。・・・これ、すなわちライブですね!Perfumeのライブの流れを再現しています。
2010年に発売された「ねぇ」のカップリング曲「FAKE IT」の、新たに制作されたPVはライブ風景を使ったものですし、まず間違いないかと。

「Perfumeはライブから入りなさい」という格言が、古くから日本には存在します。

この一枚はPerfumeのライブ感を再現しているといってよいので、いわゆる「お初のPerfume」という人には打って付けでしょう。「Perfumeの曲は聴くけど、まだCDを買ったことがない。なんか聞いてみようかな〜」と考えている国内の人にも最適な一枚といえます。
そもそもPerfumeには捨て曲が少ないのですが、この一枚には本当に良い曲が詰まっています。しかも今までどのアルバムには入っていなかった隠れた名曲も入っていたりしてそこそこお得な盤になっています。
「リミックスはあるものの新曲はない」ということで一部のファンの中には購入を躊躇うことも、ま、多少はあるかなと思いますが、私ならドンブリめし三杯ってところです。




しかしアレですわ。プロデューサーにおいては選曲に相当苦労されたことでしょうね。CD一枚にギリギリまで詰め込んで、それでも落とさざるを得なかった良い曲もたくさんあったのでは。
そんななかでも後半の「GLITTER」「MY COLOR」「Dream Fighter」の連続には、ヤスタカ氏から彼女たちへのもの凄いメッセージを感じます。
普段ヤスタカ氏は自身がプロデュースしているPerfumeを熱く語ることは少ないのですが、このアルバムを聴いたファンからは「ヤスタカさん、普段クールにしているけど、実はあんたが一番Perfumeのファンなんでしょ?」とツッコミを入れられていることでしょうね。日本中のファンから笑顔でね。ファンは見抜いてますって。

最後に余談ですが、Perfumeのファンの見分け方。特にオジサンファンの見分け方をお教えしましょう。
え〜Perfumeのファンは「GLITTER」や「Dream Fighter」という一見ノリのいい曲が流れているのに、まるでバラードでも聴いているかのような涙を流します!
いわゆる応援歌なのに、でも泣けてきちゃうんです。仕方ないんです。これらの曲を聴いていると、なんというか、気持ちが時間を遡るのです。愚直なまでの応援歌が滲みるお年頃という理由もありますが、彼女たちの歴史や先の大震災など、いろんなものに当てはまって、、、ジーンと来ちゃうのです。思い浮かんでくるのです。
端から見たらアホみたいですけど「しょうがないなぁ」と見逃してください。

いやホント、すいません。


・w
posted by goro at 13:26 | 栃木 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

残暑が終えた頃に、旅に出よう!

(タイトル)・・・ということで宣言しちゃえば叶えるしかない(笑)


寒くなったら夏風を連れて、そうですね、北へ向かいますか(妄想中)

中京方面でもいいですね〜。帰り道は山方面を抜けていくとか・・・(妄想中)

もう半年以上、まとまった休みを取れてないので、多少は無理もします。

(たまにはブログにもエントリーしておかないと設定上でいろいろと面倒なので)

iphone/image-20110710105556.png
去年も似たようなことを言ってたね。パパったら・・・


うむ、そう言うお前の画像も去年のだけどね(笑)



posted by goro at 23:04 | 栃木 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

超個人的カレー対決・ハウス対SB(階級・激辛クラス)(笑)

日本人の食卓を飾る庶民的なカレールーと言えば、ハウスとSBがありますね。

ハウス・ジャワカレーの辛口が私のスタンダードです。
お安くて辛くて美味いです。もう何年もずっとジャワカレー辛口に固定されております。

ある日の買い出しのこと。
近所のスーパーの陳列台に「ジャワカレー辛口の上を行く辛さだよ〜」と宣うジャワカレー「スパイシーブレンド」なるものを発見。

辛口より辛いだとぉ。おいおい買うだろうさ!試してみるさ!
躊躇なしに買い物かごへ。

するとその隣りに・・・SBのゴールデンカレー「バリ辛」というものも発見w
やはりスタンダードなゴールデンカレーの辛口よりも辛いらしい。

java_sb_curry01.jpg

しかも、なんでしょう、この二つを食べ比べてみろよ!と言わんばかりのパッケージは。
並べて陳列するお店側の厭らしい思惑に、あえてココはのってやろうじゃないか!(笑)

こちらも躊躇なしに買い物かごへ。

さて本日、その二つの食べ比べを終えました。もう一週間ほどカレーです(笑)

結論。

ハウス・ジャワカレー・スパイシーブレンドの方が辛いです!

SB・ゴールデンカレー・バリ辛の方が幾分辛さを抑え気味です!

私は「尖った辛さ」が好きなので、ジャワカレー・スパイシーブレンドで決まりです。

なんというB級な食べ比べでしょう(笑)
ワンコネタがないこと理由に。
・・・夏風が不機嫌そうにこちらを見つめております・・・。
タグ:B級
posted by goro at 20:54 | 栃木 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

モンベルのフリースジャケットのお話

Mont-bell CLIMA PLUS High Performance Fleece素材のフリースジャケット。
うる覚えだけど、20歳代の中頃には既に着てたかな。

IMG_0097s.jpg

新宿だったか秋葉原だったか水道橋だったか、どこで購入したか、いつ頃購入したかさえうる覚えです。
・・・街の名前からどの山系ショップなのかが分かりますね(笑)

まだフリース素材がそれほどメジャーではない時代。
あまりお金がない時に(今でもないですけど)無理して購入した記憶があります。
一万数千円したと記憶しています。
フリースなのにその値段?と思う人も多いかもしれませんね〜。

しかし山用フリースと街用フリースとでは基本的に素材が違います。
コレ一枚でかなりの防寒作用があり、冬となればずっと着たきりスズメで酷使してきた、愛用の一着です。

そんなフリースジャケットも使用年数並みに劣化してきております。悲しいですねー。

約20年の着用と洗濯の連続で、素材が薄くなってきました(笑)
ジッパーも袖の縫製も壊れておりません。頑丈にも程があるでしょ・・・が、薄らハゲてきちゃいました。
持ち主の頭皮のごとく(泪)

IMG_0096s.jpg

こんな感じで、生地のあちこちで向こうの光が透けています。

一万数千円のフリースジャケットを20年使い込めた訳ですから、十分元は取ったと思いませんか?

それも寒い季節は毎日ですよ!着たきりですよ!それでも壊れないんですよ!

モンベルさん、ありがとう!
次の一着を探しましょう。
もちろんモンベルさんで(おべっか)

k_1106455_ssog.jpg

クリマプラス 200 ジャケット Men's
たぶん同じ系列のフリースジャケットの最新のものかな。

今のもいいねー。ポケット増えているのねー。裏地もあつくなっているのねー。しかも七千円でおつり来るのねー。
・・・浦島太郎状態を痛感中。

春になった時のセールが狙い目?
posted by goro at 14:05 | 栃木 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

DVD化おめでとう!映画『きつね』

地上波では放送できない映像

『きつね』

昭和58年の日本映画。

この映画、「放送禁止映像大全」という本で紹介されているらしい。

中年男性と14歳の少女が「致しちゃっている」シーンがある・・・ってことで放送されない映像。
それゆえ後々DVDなどにもならないという、不遇な作品なのですね〜。

今回チャンネルNECOで流れてたのでREC!
名画との噂もあって、というか興味半分もあって拝見しました。

とても良い作品でした。ちょっとした感動でした。

昭和風の絵づくり。音楽の使い方も昭和。脚本のセリフ回しも昭和。
でも、なんだろうね。とにかくキレイな映像。北海道の大自然が色濃い。
そして、ヒロインの少女の目線が一直線で、観客の私でさえドキッとする。

主人公の学者役が歌手の岡林信康!
セリフが「棒」なのは仕方ないけど、逆に不器用さ純朴さが合っているかなー。
ヒロインの少女役が高橋香織という新人。
この人、この映画以降目立った活動はしていないらしい(wikiってみた)(ちなみに女優高橋かおりとは別人)

ちょっとオカルトチック。(あの音楽の使い方は、ダメだよ〜、もう勘弁して〜)
ちょっとファンタジー。(少女との出会いのシーンなど、おとぎ話のようにもみえる)
そしてなによりも、純粋なラブストーリーなんでしょうね〜。

で〜、なんとこの度、この『きつね』が2011年11月23日に松竹DVDコレクションとして見事ソフト化されたそうです。
時代が少しだけ優しくなってくれたのか・・・
いやいや・・・まだまだ、つまらないゴネに悩まされている作品が多いのだろうね〜。



「問題のシーン」だって昨今の深夜帯のドラマの方がよっぽどエグい。少女の肩が見えているだけのものです。
そりゃ確かに14歳という年齢が邪魔したんだろうけど、それでも問題視するレベルのものではない。それよりも見るべきところは別にあると思うのですがね。
この映画、もっと評価されてほしいなー。

少女の成長と北海道の大自然の移ろいが妙にシンクロする物語。・・・『きつね』・・・良かったよ!
タグ:映画
posted by goro at 14:32 | 栃木 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

Appleの新作iMacを発見!(大嘘)

21世紀を迎えたばかりの頃、友人から「壊れた〜要らんのでやる〜」と譲り受けたiMacDVグラファイト。
早速、分解整備。一部ボードのつけ替えで直せることを確認し、もう一台iMac部品取り故障品をヤフオクで5000円落札し、ニコイチで復活させて・・・復活させて・・・させただけ(笑)
こういうのはレストアすることに意義があるので、一時期ゲームマシンや音楽再生専用に使いはしましたが、それっきりタンスの肥やしになりました(笑)

で〜、残ったもう一個のボディ部分の再利用ネタです。
本体の中身をくりぬいて観葉植物のプランタを入れてます。トランスルーセントデザインのなせる技でしょう。
これが、なかなか良い。

iMacEco.JPG
iMacDVならぬiMacEcoと称し、今も事務所の片隅にあります。

写真は今年の夏にタップリついたオリヅルランの子株を別鉢に植え直したときのもの。うまく越冬できたら来夏にはギッシリになることでしょうね。








-
posted by goro at 23:19 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

キサラギという映画を見よ!

ずっと観ようと思っていて見逃している名作を発掘シリーズ!
ダメでしょ、そもそもこんなシリーズを作っては(笑)

見逃している映画の本数が多すぎる私ですので、
後からネットレンタルなりで観てやっと気づくことが多い訳です。

今回の傑作は『キサラギ』です。



まずこの快作を皆で見ましょう。

笑いあり涙あり推理あり。

一部映画批評サイトにてシチュエーションがワンパターンであることを低く評価している人もいますが、そういう人は迷わず大作だけを見続けてください。そして脚本と演出が織りなす巧妙な「劇」から遠ざかっててください。
キサラギは舞台劇を元にしていることもあり、「ほぼ何処かのビルのペントハウスの中だけ」で進みます。なんという低予算(笑)しかしそんなものは何一つ弱点にはなり得ません。

唯一の弱点があるとすれば、映画の序盤にあります。序盤での「引き」がいまいちなんですよ。なんだろう?まったりとしているのです。
ところが徐々に、登場人物一人一人の謎が明かされていくにつれ、観客は一気に引き込まれていきます。
あとは脚本の妙。演出のキレ。役者の上手さ。ありとあらゆる「面白さ」が波状攻撃してきます。

一回見終わってから、少し気になる箇所を見返します。
二度見返してみて、そして納得がいくのです。序盤の引きの弱さは「餌を餌らしく見せない演出だったのではないだろうか」と。
序盤での○○○のセリフが、△△△の素振りが、□□□の持ち物が、全部つながっているのですもの。
清々しく終わっていく映画。なんとも爽快な映画です。

笑いがあって、推理があって、ホロリとしてしまって、を繰り返していく脚本の素晴らしさをご堪能ください。

あー、最後の最後で大オチを持ってくるのは舞台劇らしさなのでしょうね。
でも私はアレは不要だったかなと思います。映画らしくスパッと終わらせても良かったかもね。
ま、趣味が別れるところでしょう。

面白さは間違いなく合格点。
オススメです。





posted by goro at 19:37 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

「ミスト」・・・見忘れていた自分を恥じるべき傑作

ずっと観たいと思いつつ、忘れてしまっていた名作映画を、たまたま知人の家で観ることができました。
The Mist「ミスト」




スティーブン・キング原作ですよ。フランク・ダラボン監督ですよ。
しかも数年前日本で公開になったとき、その内容に賛否両論が出まくった映画ですよ。
観ない訳がないじゃないですか・・・と、まぁ、上映当時は観てなかったのですが・・・。

いま・・・見終わって・・・。

なんと!こんな名作を見逃していた自分を恥ずかしく思います。
タイムマシンで数年前に戻って、当時の自分の顔にバケツ水をかけてあげたい気分です。
目を覚ませ!と。

確かに賛否両論あるのは分かります。

ですが、そのように「語らせてしまう」魅力がある映画とは、私の基準では名作なんです。

ああ、なんとも、これ日本では成立しない物語かなと。
日本では、考え方の違いが現れやすいのは主に「世代の違い」なんですよねー。日本では人間模様が偏るかもしれない。
宗教感も合理主義も集団心理や利己的心理も「世代の差」で表されてしまう。それではこの物語は面白くならない。
日本にも地域性という要素がありますが、ミストのような映画ですと皆が同じ地域住民です。人間模様に変化が付きにくい。
アメリカだから、それも片田舎であれば尚のこと、この映画のような人間模様が作られていくような気がします。

そ、一番怖いのは人間だもの、ね。

アメリカ的「家族愛」があれば宇宙人にだって勝ててしまうのがハリウッド的な作り方なのですが、この映画ではそんな辟易したハリウッド的王道さえも裏切ってくれます。
それを善しとするか悪しとするか・・・でもそんなことはどうでもいいのです。
作者たちが見せたい物語の肝は、もちっと深いような気がします。
観客のほとんどが思い入れするだろう主人公である「父親」の、その主人公のやることなすこと全てが裏目に出ており、最後がアレである。何が良い選択なのか悪い選択なのかなんて陳腐な話(笑)

心が疲れていなければ、オススメします。「おっしゃー、キングの原作、来いや!」という気分であれば問題ないでしょう。
ただし、もし疲れぎみであれば観てはダメかも。賛否の「否」の方に引っ張られてしまうかも。
posted by goro at 09:45 | 栃木 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

うさぎドロップの実写映画化

うさぎドロップというアニメーションが面白い。

原作も評判の良い作品らしく今後の展開にも期待大なのですが、この夏に実写で映画もやるらしいのです。
なんか・・・そっちも観ちゃうかも。

りんちゃん役を芦田愛菜ちゃんがやります。
ダイキチ役を松山けんいちくんがやります。
良い映画になりそう。


この手の原作モノの実写化に含まれる「不安感」は「脚本がどうなのか?」「演出はどうなのか?」「どこまでお話を進めるのか?」というようなものですが、キャストやスタッフをみる限り・・・期待半分不安半分かなと。

芦田愛菜ちゃんが物語の初っぱな、お葬式でのりんちゃんの振る舞いを、まーたぶん完璧に演技する事は確実なので(笑)一気に物語に引き込まれるかもね。

あー早くみたい。




posted by goro at 09:12 | 栃木 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

これじゃ・・・ダメだわ

地元のとある大きな○○○場が、数年で○ー○キ○○○場に、そして数年で○園・○地・○○○ト○○ースになってました。
10年も経たない間の出来事です。調べてみてビックリ。
しかも深くまで調べないと「じゃー今はいったい何なの?」が分からない。

今でもきちんとした公式サイトを作っていなく、また過去の公式らしきヘナチョコサイトが残っていることもあり、混乱を助長し、新規顧客につながる仕掛けが一つも見当たらない。
混乱してしまうところへは誰も行きたがりませんね。

これが私の地元の実態。これが景気回復を拒否している実態。

「次につながるプロモーションの大切さ」をヒシヒシと感じた発見でした。



なぜこの辺の人はインターネットと聞くと拒否反応を示すのでしょうか。

・・・ホームページ制作って、胡散臭く聞こえるのかな・・・。

別の謳い文句を考えないとダメかもしれないですね。


あ、いかんいかん。ついつい愚痴っぽくなってしまった(笑)
地元応援団の気持ちを再確認しよう!
タグ:地元情報
posted by goro at 20:34 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

別れの時が来た!

バイバイ、テレビ。

とうとう、最後の時が近づいてきました。
テレビとさようならです。

今までありがとう。楽しかったよ。



先の地震の時、部屋のアナログブラウン管がお亡くなりになられてから今日まで辛うじて観ることが出来た手段・・・

ビデオキャプチャ〜!(大山のぶ代)

captytvuni.jpg

Capty TV Universal
昔のキャプチャーツール。アナログ波のチューナーも入っているので視聴は可能。

一部にまだ存在している大昔からのアナログデータのデジタライズに今でもときどき活躍してくれます。
こいつを挟んでパソコンの画面でバラエティなどの笑える番組(大部分は笑えない番組)を観ておりましたが、それも週末まででオシマイです。

さようなら、テレビ。

君ごときにお金をかける意味を見いだせないのだ。

すまないがお別れだ。



最後の最後、ギリギリの映像はどんな仕掛けをするのかな?
もしくは関係各所からの圧力で「仕掛けをしたくても、させてもらえない」のかな?
という興味本位だけで、アナログなアンテナからアナログなキャプチャーボックスにアナログなアンテナケーブルをつないでいたという訳です。

ま、どうでもいいですね(笑)

たぶんUSTあたりで大量に生実況されることでしょう。
「地上アナログ波、最後の瞬間をダダモレ」
・・・な〜んて感じのタイトルで。
そっちを観るだけでも楽しいかも。


お金をかけずに、タダで、デジタル対応のチューナーでも拾ってこれたら、また観てあげるね。
それまで、バイバイ、テレビ。
posted by goro at 10:07 | 栃木 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

汁なし担々麺をいただく!

スクールの先生からこんなものをいただきました。

汁なし担々麺のお取り寄せですって。
http://www.rakuten.co.jp/kisaku/
汁なし担々麺のきさくさん。
こちらからお取り寄せが出来ます。

早速作ってみました。
ただし作ってみてから、ある失敗に気がつきました。

ネギがない!

ダメでしょ!ネギがなくちゃ!!(笑)
うっかりミスです。

ま、仕方ないのでネギなしでサクッと作ってガツッと食べました。

DSC_0004.JPG
写真では温泉たまごがイマイチ固まってないように見えますが、何を焦ったか時間をミスってます。でも、まー、及第点の固まりかけでしょうか。
そしてこの後ガンガンかき混ぜます。
辛い汁が麺にうまく絡みだしたころ、ズルズルッと。

美味いね〜。汁なしは美味い。

ご飯もつけて、ナイスな夕食。

ごっそさんでした!
posted by goro at 20:39 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

ご飯が大好き!

ご飯が大好き!
(うちのワンコは散歩が大好きですが(笑))

私なりの、白米が美味しく炊けた時の喜びの表現があります。
それはできるだけチープな味わい方をすること(爆)

お米を炊くときに、いつも美味しく炊くように心がけてますが、
本当にときどき、水の分量や研ぎ加減がジャスト!になる瞬間が訪れます。

こんなときは米だけ食べても美味しいものですが、更にチープ感をだすために、

醤油をひとたらししてガッツイてみる!

もしくはマヨネーズを少しだけかけてガッツイてみる!

はたまたお味噌を小さじほどつけてガッツイてみる!


・・・(笑)

美味いのね!このチープ感が。
もちろん、上記の方法で一食を済ませるほど子供ではありませんから、
「最初のかっ込み」一回分までですけど。

たまにやりたくなりません?

私だけかな・・・

・・・ということで、手元にあるご飯をアップで撮影!(笑)

okome01.jpg
ほっかほかだぜい!
posted by goro at 16:50 | 栃木 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

iPhotoも長く使えば…大掃除!

iPhotoというソフトウェア。

これ、写真を整理整頓するアプリケーション。MacOSに標準でついてくるタダのツールです。
世に出て結構たってますが「使える」ようになったのはココ数年の話ですね。
ソレより以前はマシンの速度次第ではかろうじて使えるぐらいのモッサリとしたものでしたが、ココ数年はやっと使いやすくなりまして、私も画像の整理整頓に使っております。

これを写真の整理に使いだしたのは2007年の頃からか、たぶんその前後です。
写真がたまりすぎると「iPhotoライブラリー」が膨れ、その都度「個別のライブラリーにしてバックアップ」してました。
デジイチでバシャバシャ撮っているとデータ量もバカにならないですからね〜。

さて前置きが長くなりましたが、この「iPhotoライブラリー」には弱点がありまして。
ゴミが堆積しやすいのでしょうか、実際に保存しているデータよりも膨れていくのです。

特にバージョンアップ時にライブラリーの統合が上手くいかないのか、一気にたまります。

思えば私のライブラリーも2個ぐらい前のバージョンの時からのモノですから、多少はたまっているかなとチェックしてみたところ・・・
どう低く見積もっても2倍以上のデータ量になっているのです。

そこで、自動で統合や修復をさせるコマンドでiPhotoを起動。一晩勝手に修復作業させておりましたが・・・。
うまく運ばず・・・。
エーイ、面倒だ!とばかりに・・・手作業で整理整頓開始です(笑)

一度データをイベント事に外付けHDDにうつして、今のライブラリーを消して、新規作成、またイベントごと読み込ませるという作業をしてみましたよ。

するとこんな感じにダイエット成功(笑)

iPhotoライブラリーのゴミ.jpg

赤丸のところ!
9GBの容積が2.8GBまで小さくなりましたわ(爆)

どんだけたまっていたんでしょうね。

一眼でバシャバシャ撮りまくっている人、頻繁にデータを出し入れしている人、一度チェックしてみるといいですよ。
過去のバージョンの時のデータかな?・・・いろいろたまっているかも。

【追記】原因が分かりました。
iMovieで動画を編集する際に、再生速度をかえようとすると一度リニア編集用に変換するようで。全ての作業を終了しバックアップなりをとったのち元のファイルを削除しても、このなんだろう?MPEG2かな?なんらかのファイルだけは残るようです。
なんとも(笑)
「iMovieSpeedConversion」でファイル検索、ファイルの中身を確認し、要らなければ削除!・・・でスッキリするかも(笑)
タグ:Mac iPhoto OS X 写真
posted by goro at 13:40 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

バックアップで、アップップ〜!

未来永劫、再使用可能なデータの保存方法なんて、ありそうで、・・・無いですよね。
そんなもの・・・どこまで行っても不完全なものです。

唯一完全な方法、それはその時代時代のデファクトスタンダードな記録メディアに移行させていく方法でしょうか。

私がパソコンを使いだしたのは比較的最近の、おおよそ20年前からですが、その時のスタンダードな方法はフロッピーディスクでした。

既に3.5インチの2DD、2HDが主流で、さすがに5インチフロッピーは見当たらなくなってましたね。
しかし、磁気メディアの泣き所で、時々読めないディスクが出てきて大変でした。

その後CD-Rが出ました。650MBのバックアップが出来るなんて夢のようでした。
しかし、何十年もの長期にかけて安全に保存が出来るという触れ込みも、実は「そうでもない」ことがバレだし、時々読めないディスクが出てきて大変でした。

この時期、デザイン業界ではMOディスクというメディアもスタンダードに躍り出てきました。磁気と光のメディアで、読み書き自由なので「納品」には大活躍してましたね。(一部で今でも大活躍しているそうですが)
しかし、これもCD-Rと同様に、時々読めないディスクが出てきて以下同文(笑)

その後しばらくしてDVDが出てきました。
4.7GBのバックアップが出来るなんて以下同文。
しかし、何十年もの長期にかけて安全に・・・以下同文。
以下同文。
なんでもかんでも以下同文。

そして昨今ブレーレイディスクがスタンダードになってきてますが、これだって以下同文になるでしょうね。早晩のうちに。

でも、なんだかんだでバックアップはしときたいものです。

なぜ?・・・自問自答(笑)

さすがに20年前の仕事につかったファイルなんて二度と使わないものでしょうが、しかし当時の軽いデータはDVD一枚に数年分を保存できる程度のものなので、せっかくだし・・・

そうです。この『せっかくだし』程度のものでしょうね。

ココ数年のバックアップは貴重ですけど、ではどこまでを「ココ数年」に入れるか悩むくらいなら、全部保管しちゃえばいいって話です。

2HDフロッピーが500枚以上でCD-R一枚。CD-Rが7枚でDVD-R一枚。DVD-Rが5枚かそれ以上でBD一枚。
このようにして積み上げていくのですね。

フロッピーやMOが山のようになってきたのでCDへ。CDが何冊ものケースにさえ収まらなくなってきたのでDVDへ。

そして、ココが大切なところ。
『一歩遅れ気味にメディアを移行させていくこと』
新しいメディアが出てきたらすぐに飛びつくことも悪いことではありませんが、ことバックアップという意味では違ってきます。
それを動かすドライブ自体がスタンダードになってから、はじめてバックアップとして使えるようになります。

という訳で、暇をみて移行しようかなと・・・。
なんとも時代的なCD-Rですこと。

cd01.jpg

cd02.jpg

さてと、食事時などの暇をみてDVDに・・・あれ?・・・なんと!・・・
読み込みエラー(爆)
しっかりとケースに入れて日陰の書棚に保管していてもこれですよ。

・・・あーめんどくさ!
断捨離の教えに則り、古い環境でのデータは、それが何のメディアであろうと、まとめて段ボールにポイだ!(本末転倒)

しかも、見てよこれ!
cd03.jpg
キレイな色したディスクの表面の素材がボロボロに。
こんなのスロットローディングのドライブに入れられません。しっかりしろよ、マ○セル。こりゃ酷いだろ!
ま、そんないろいろもあって、もう何年も太陽誘電のメディアしか使ってないけどね(笑)


未来永劫、再使用可能なデータの保存方法なんて(一行目にもどる)

もう外付けHDDでいいや(笑)
タグ:Mac apple
posted by goro at 21:41 | 栃木 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

放置ブログの整理

何年も放置しているブログがあります。

大昔のログが残っているのですが、放置しっぱなしのブログが良い影響を及ぼすわけがないと思うので、コメントもトラックバックも受け付けないように設定。
一切の外からのアクションに答えないブログにしました。

しかし、なんか・・・、物足りないかも・・・。

・・・

記事も消しちゃえ!(笑)

コメントをいただいている記事もあるのですが、その方々全員と今でも交流がありますので、問題ないでしょう。

過去のログを消したいのではありません。
管理していないブログに「何も残したくない」のですわ。

ということで、消しはじめた過去の記事。

しかし、なんか・・・、使いづらい・・・。

・・・

楽天ブログってこんなに管理画面が使いづらかったとは(笑)

そういえば、当時2006年ぐらいかな、楽天ブログを使いたいというお客様がいらして、そのために楽天ブログになれるために使いはじめたのでした・・・。いろいろ思い出してます。

あれ?楽天ポイント・・・少したまっている(爆)
雀の涙よりも微かな数字ですが、少しだけ嬉しい(笑)
・・・
消さずに残しておけば良かったかも・・・あ、いやいや、そうもいかないって。
やはり放置している以上影響力を消しておかないと。

他の方は知りませんが、私のポリシーに反するのですわ。

・・・

ま、でも・・・、アカウントだけは残しておこうっと(笑)
タグ:ブログ 楽天
posted by goro at 12:54 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

SANYOというブランドのお話

例によって物欲についてちょっと書きますので、読み飛ばしやがれください。

三洋電機・・・サンヨー・・・SANYO・・・見慣れたこのブランドが、パナソニックの完全子会社になりますね。

悲しいですねー。SANYO好きだったなぁ。

私は現在も、SANYOのエネループを、カーナビゴリラを、愛用しております。それがパナソニックの完全子会社になることで、今後どうなっていくのか?気になるところです。公式なアナウンスって出ているのかな?その辺グレーなようですが。


エネループ。
これなんかカラフルバージョンですね。
私が使っているのは真っ白な通常バージョン。
充電池のスタンダードかな、と。


ゴリラ・・・今のは・・・薄!
これくらいのサイズをハンドルの直ぐ横あたりに表示させるのが好き。
お安くなってますねー。

いやいや、いろいろあります。SANYOのいいもの。

どんな良品でも、そのどれにも親会社になるパナソニック側に競合ブランドありますからねー。
消されるかな・・・。
それともパナソニックのエネループなどになるのかな・・・。
それとも・・・。

買えるうちにSANYOブランドを・・・なんてアチコチ探っていたら・・・

なんと!これも大好きなSANYOのデジカム「Xacti」が、なんともお安く出ているではありませんか。

これはブランドが無くなるから?それともそもそも安く出しているのか?

いずれにしても、これ、欲しかったデジカムだったので・・・買っちゃうか?



仕事でも使うし。
・・・という言い訳を考えているところです(笑)

しかし、商品写真を欲しくてAmazonで検索してますけど、そのどれもマーケットプレイス扱い(Amazonとは別の小売り店が売る。集金システムはAmazon扱い)になってます。これはひょっとして、もうAmazonではSANYOは扱わないということかな?
あ、いやいや、Amazon扱いのSANYO商品、まだまだありましたわ(笑)

サポートが欲しければパナソニックが引き継ぐというし、そもそもこの手の商品でサポートをお願いしたことないし。問題なし。

買えるうちに買っとこう。という物欲のお話でした。(not 家電芸人風)



あ?・・・え?・・・なに!!!!
あの、GOPANが、受注再開だと!
http://jp.sanyo.com/gopan/

ひと騒ぎが起きそうな気配が。
こりゃまだまだSANYOの威光、残り続けるぜ!(笑)
posted by goro at 16:28 | 栃木 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

お気にいりのシャープペンシルは0.7mm

地震でとっ散らかった本棚の下の方から出てきたシャープペンシル。お気に入りのシャープペンシル。

壊れてました。本の重みで砕けてました。

でもセロテープで直します(笑)

reiten7.JPG

物持ちがいい私は、このシャープペンシルを27年ぐらいかな、アチコチ直しつつ使い続けてきました。

こいつ、0.7mmなんです。この太さが良いんですね〜。
濃さはB、太さは0.7mmの芯で、ずっと使い続けています。

しかし、さすがにここまで粉々になっちゃうと、次のものを探さないといけないようです。

上の写真は日本製のものですが、次は大好きなステッドラーのものでいこうかな(笑)


これなんか良さそうだけど、私の大きな手では「軸の太さ」がある程度必要なんです。

0.7mmのBか2Bの替芯を探すのも大変。

銀座の某文具屋さんや、お茶の水の某画材屋さんなどに気軽に行けていた昔が恨めしい。

ネット通販で、どこまで揃えられるか(笑)
文具ものの通販は、実物触れないのが辛い。
posted by goro at 19:47 | 栃木 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

不謹慎という甘い罠

ガソリンを使わずとも行ける距離に商店や飲食店がある人は、そこへ出かけて、いつも通りに買って飲んで食って、楽しんじゃってください。

それは立派な後方支援です。

不謹慎だから…という甘い罠に嵌まったまま抜け出せなくなると、今回の災害よりも大きな「被害」が、数ヶ月後にもっと大きな波になって襲いかかってきます。



燃料の買いだめをしない。でも元気はドンドン燃やそう。

食料の買いだめをしない。でもガンガン外食し、美味しいものをモリモリ食べよう。

(ガソリンが乏しいけど)行楽地に出かけて、タップリ思い出を作ろう。

そして、仕事をしよう。



不謹慎、と言い捨てることは容易い。
しかし、それが危ういことであることは、普通の社会人であれば皆が知っていること。
となると…誰が「不謹慎だから」と言っているのだろうか?

このニュースなど、片腹痛い。
出場するしないは選手次第。
出場して勇気を与えたいという選手の気持ちを折ることが、不謹慎という甘い罠なのだ。
「東北福祉大・松山にマスターズ辞退求めるメール」
http://www.yomiuri.co.jp/sports/golf/news/20110321-OYT1T00155.htm


経済を回そう!
(ああ、仕事が欲しい)

【追記】上記のニュースは、その後、出場を決められたそうです。良かった。
誰かに不謹慎だといわれたぐらいで辞退を決めちゃダメという、
メールやファックスが300通?なら私のは、そのうちの1通ってことか(笑)
意外に少なかったな。
posted by goro at 17:45 | 栃木 🌁 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

湯たんぽ、ポポポーン!

もうすぐ冬も終わることでしょうが、
というか、3月の中旬でこの寒さの方が異常なのですが、
こんなものを使ってます、というお話。

DSC_0029.JPG
これはなんでしょう?

DSC_0028.JPG
湯たんぽで〜す。
足を入れられます。

冬の極寒の中、これを机の下に置いて、足を突っ込んで仕事してます。
足もとがヌックヌクですと、吐く息が白くなるほどの室温でも、なんとかやっていけます。

お布団に入れる用の湯たんぽもあります。
基本2個の湯たんぽで、ポポポポーン♪・・・A〜C〜(笑)

【追記】別に空見させるつもりでいたわけではない(笑)
しかし、空見しちゃいそうな…でしたので、タイトルを修正〜。A〜C〜。
posted by goro at 23:32 | 栃木 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
那須塩原のホームページ制作はHIPsまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。