2012年02月04日

docomoの電波でiPhoneを使えたらいいね

(SIMフリーiPhoneさえ買えば今でもdocomo回線で使えるのですが、以下はあくまで皆が普通に使えるという前提アリのお話です)

出来ることなら・・・良い電波でiPhoneを使えるに越したことはないです。
私んちはいわゆるド田舎なので、iPhoneをdocomoで扱えるようになってくれれば嬉しいですよ。
目の前にdocomoの電波塔が見えるくらいですもの。

昨年少しだけタイトルの件がニュースになったおかげで世間でも「docomoからiPhoneが出ればいいのにねー」というセリフを良く聞きますが、当然ながら二社間の交渉は難航されることは予想に容易いです。

・docomoは、とにかくspモードを載せたい。
・docomoは、とにかくdocomoのロゴを載せたい。
・docomoは、docomoならではの外観を施したモデルを欲しがる。


もっとも、お金の交渉が一番のネックなのでしょうが表向きはこんな感じかと。

上から順番にdocomoが譲れない部分であるような気がします。
下に行くほどdocomoも譲歩できるでしょうね。
一番下は既に不可能ですし、二番目もdocomoの一部モデルは既にロゴなしでも売られてますし・・・クリアーは楽そう。
それでも色を変えてくれ!って要求はきそうかな(笑)ま、それはそれで。
仮にも他のロゴが載っているiPhoneなんてダサくて嫌になりますもの。

・・・となると一番上のspモードがネックかな〜。

「なんだよ、くそアップルめ!天下のdocomoだぞ!言うこと聞けば良いんだよ」
という大きな勘違いをしている人もいますが、それはとても恥ずかしいことですのでボリュームを下げてくださいね。

逆ですよ。

Appleは今のところ時価総額で世界一の企業になっています。石油メジャーのエクソンと時価総額トップ抜きつ抜かれるを繰り返してますが(あくまで今のところ、です。いつまで保つかはAppleファンもワクドキしてます)

二社間の交渉のパワーバランスは日本人が思っているほどdocomo殿様気分ではないのです。世界に出たら日本のキャリアのひとつでしかないわけで。

え〜と、docomoが殿様なのは日本国内だけと覚えておきましょう。

で〜〜〜、
私の勝手な言い分という前書き付きで、交渉がサクサク進むための意見として、
・・・まずdocomoはspモード縛りを諦めるべきなのです。

iモードでビルを建てた過去の栄光は、あくまで過去の栄光としておくべきと思います。
「過去の成功体験から抜け出せない企業は衰退する」とどっかのビジネス教科書に載っていなかったっけ?(笑)

スマートフォンはパーソナルなデバイス。パソコンに近いのはご存知の通り。
ケータイで月額課金させてたビジネスモデルは当てはまらないと思うのですよ。
しかもspモードにヒトコト言いたがっているエンジニアの数は、ま、どうぞ調べてください。(IPアドレスうんぬんかんぬん)

(追記)エントリー後にこんな記事を見つけました。
spモード障害に続き「脱Googleアカウント」を唱え始めたドコモの迷走

それでも譲れないと、日本企業らしいガラパゴスぶりを貫き通すならそれでも良いと思います。
利益を出している今のお得意さんたちに逃げられないように見張っておく必要がありますが、それもまた我が道でしょうね。

そもそも、Androidユーザーはspモードをどのように受け止めているのだろう・・・。
今度聞いてみよう。
スマートフォンを使うのにキャリアのナンチャラモードで管理するって・・・ナンセンス!

やはり現状ではSIMフリーiPhoneを購入することが、一番の近道であり一番健全なのでしょう。
私もお金さえあれば試してみたいものです。


オチらしいオチがないので、最後にひと言。
スマートフォンを「スマホ」って約すのも・・・ナンセンス!!
文字数制限の中で使うのは仕方ないとしても、企業トップが「スマホ」というセリフを吐くのはホントいただけないことですよ。世界に向けて恥ずかしい姿です。
マスコミ発表の席くらいなのだから、たかだかあと4文字くらい約さないで話すべきです。
ましてや「スマフォン」ってナニ?(笑)
とau田中社長に苦言を呈して、オシマイっ!

で、SBMの問題は今でも電波だけなのさ!
田舎でごめんな、孫社長(嫌み)
posted by goro at 15:40 | 栃木 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250384832

この記事へのトラックバック
那須塩原のホームページ制作はHIPsまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。