2012年01月30日

昨晩、OSX Lionの底力を実感しました

最近愛機のMacBookが遅くなってきたような。

購入してから3年間、ずっと快適に動かしてまいりましたが、さすがにいろいろ溜まってきているのかな、とディスク検証。・・・すると!

あんたのそのディスク、問題があるぜ!
修復した方がいいぜ!!


・・・と出てきました!

溜まったキャッシュが悪戯したのかと思ったら、ディスクエラーだったのね(笑)
どうりで作業中に引っかかる感覚があると思ったわ(気づけよ〜自分〜爆)

早速Lionの売りの一つ。一発修復作業を体験しましょう。これが初体験(わーお)

コマンド+Rキーを押しながら再起動。
これでインストーラーディスクも必要なく、ブートディスクの検証が出来るモードで立ち上がります。
ユーティリティーから検証・・・そして修復・・・。
約20分後、元通りにサクサク動くマシンに戻りました。

IMG_0122.JPG

再設定の必要もなく、そのまま使いだしてます。

通常であれば、上のやり方でOK。ほとんどコレで解決しそうですが、
更にネットにつながっている場合は、Appleに繋げてネットワークブートし修復したり。
これがその写真。一番下がネットでつながっているApple本社のブートディスク。
IMG_0121.JPG

どうしても物理的な修復用ディスクが欲しいというアナログ派には、USBででも自作してちょツールもあり。
最近のマシンであればコマンド+Rでリストア用から再起動が可能になりなんでも可能になるという至れり尽くせり。(私のは2008年のなのでこれは出来ない)
これら全ての作業がダメだった場合は、一度まっさらにしてTimeMachineからの完全復旧も。
しかしクリーンインストールの必要って、今後は減っていくと思うけどね。


Mac OSX Lionといえば、現在走っているOSの中では一番よいと思います。贔屓目といわれても仕方がないがかまわん(笑)
作業中に停電になっても作業ファイルは平気なんよ〜(アプリケーションにもよる)楽でしょ。ファイルも無くさないし、修復も楽にできる。
最近からMac使いだした人は甘やかされすぎです(笑)
私達のような古くからのユーザーは、・・・いろいろもっと大変だったのにね。遠い目にもなるってものです。

ここ数年Macを使いだす人が増えてきているとか・・・。というニュースサイトリンク
iPhoneやiPadの母艦に最適だからという理由もあるでしょうが、いや実際OSXは良い出来に仕上がってますぜ。
タグ:apple Mac OSX LION
posted by goro at 10:24 | 栃木 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | Macのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そろそろOS購入した方がいいかな?
Posted by よーこ at 2012年01月30日 21:30
よーこさんの主に使っているアプリケーションが10.7 Lionに対応しているのなら問題はありません。
というか、別段なにか古いアプリケーションを使ってない場合は、今直ぐにでもアップデートしちゃってください。
SnowLeopardからLionにするのは2,600円です。
もし分からないことがあったらメールしてください。
凄く楽だからメールでも説明できちゃいます。
Posted by 五郎 at 2012年01月30日 21:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
那須塩原のホームページ制作はHIPsまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。