2011年09月19日

私の愛犬は夏風。この映画の犬はカフー。「カフーを待ちわびて」

犬の名前が同じなのは、偶然です。
何のつながりもありません。
狙ってもいません。

「カフーを待ちわびて」



2009年の日本映画です。

玉山鉄二演じる主人公が飼っている黒ラブの名前がカフー。
そして、カフーとは島の方言で「いい報せ」「幸せ」の二つの意味を持つ言葉。
ラブストーリーです。


舞台になっている沖縄の映像。犬と暮らす不器用で朴訥とした青年。そして突然現れる女性のナチュラルな美しさ。
なんか、いいねー。憧れます。

飼っている犬の名前が同じでも、私と玉山鉄二くんでは月とスッポン、1円玉と数億円小切手ぐらいの差があります、残念ながら。
・・・ですが、憧れます(笑)


映画の中の黒ラブのカフーくんは・・・かわいい。
kafu01.jpg

私んちのボーダーの夏風くんも・・・くぁわいいぞ。
kafu02.jpg

ワンコ同士であれば負けてないかね〜。いやウチの夏風の勝ちだ(親ばか)


映画の方は、よい物語でした。
沖縄のとある島、リゾート開発、不器用な独身男、美しい自然、疲弊していく地方経済、犬が元気に走り回れる田舎、なんでも筒抜けの狭い島、そして少しのファンタジー。

【微妙なネタバレ含むので、ここからは数行は観賞後に・・・】
一部の悪い批評に「島がリゾート開発を受け入れすぎている。島の生活を捨ててもいいのか?」とあるけど、所詮都会の見方なのですよ。地方はもうどうしようもないほど搾取されまくっている。電気も水も空気も全部都心に持っていかれて、返す刀でゴミが置いていかれる。都心に住む人が「自然っていいよねー」といって憧れていられるほど、地方には余裕が無いのです。それを知る立場にいると、島民たちの「あの対応」を我がことのように感じ取ることが出来るのです。(受け入れるか反対か別のアイディアかは、また別の話でね)ま、あくまで物語の本筋はそれじゃないのでご安心を。
【・・・ここまで】


そうそう、ひとつ惜しいことがあります。早々に犬が関係なくなっちゃうのです(笑)
カフーくん出番少ない(涙)
原作者がこの物語を作るキッカケになったのが島の犬のカフーくんだったらしい。そうなると最後までステキな犬の映像を期待しちゃうじゃないか(笑)
ま、そんな視点で見ている人は少ないでしょうが。

すがすがしい映像とすがすがしい恋物語。沖縄時間で動く二人の心情・・・良いです。

私も主人公の明青(あきお)くんに習って、神様にお願いしてみようか?

神社の絵馬に。
「嫁に来ないか?」と。





posted by goro at 15:41 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬ムービー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
那須塩原のホームページ制作はHIPsまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。