2012年10月13日

カーナビの明日はどっちだ!( カーナビ 対 iPhoneナビアプリ )

カーナビゲーションと、iPhoneにマップアプリの組み合わせでは、はたしてどちらが使いやすいか?

そんな思いで、今回実践テストを試みてみました。

ただし最初のお断りしておきますが、この対決はフェアではありません。
カーナビは2009年製のゴリラ。
マップアプリは2011年に購入したMapFanアプリ。

カーナビのマップ情報は年を追うごとに古くなっていきますが、アプリのマップ情報は絶えず自動的に最新にアップデートされております。また、画面の小さいiPhoneを本来であれば手前に設置したいところでしたが場所の関係で出来ませんでした。
そこでその辺のハンディキャップが無いようにマップ情報に差異がない場所へ向かって、使い勝手やリルートの差を確認。

DSC_0165.JPG
このように設置してみました。
左からiPhone4SにMapFan、カーナビゴリラ、この二つでチェック。一番右にオーディオになっているiPhone3GSも見えますが今回は不使用。

カーナビのメリット
・画面の大きさ
(大きいことは良いことです)
・到着予想時刻はMapFanより正確だった
(さすがにナビに関しては一日の長がありますね)
・vicsからの渋滞情報がある
(なにげに役に立つし、到着予想時刻もより正確になりますね)

カーナビのデメリット
・操作感はカクカク
(タッチパネルの性能は日進月歩だが、いずれにしてもiPhoneの操作感には負ける)
・マップ情報が古くなる
(最近のカーナビはこの辺をクリアさせていたりするが、2009年製のこれは買わないとダメ)

iPhone+MapFanのメリット
・操作の軽さは圧倒的にサクサク
(iPhoneの操作感は言わずもがな)
・マップ情報は、アプリのアップデートでいつも最新
(アップデートまでの時間差はありますが・・・w)

iPhone+MapFanのデメリット
・画面が小さい
(老いていく視力には辛いものが・・・)
・交通状況の把握が弱い
(結果、到着予想時刻などに差が出てくる)

iPhoneのマップアプリでナビさせながら音楽を聴いていましたので、お察しの通り凄い勢いでバッテリーが減ります。
しかし物は考えよう。オーディオに接続しているケーブルで音楽と電力をやり取りしておりますので絶えず充電中になります。現地に到着したらバッテリー満タンで使いだせますし、むしろ有利かなと。

目的地までのルートも微妙に違いました。これはルート検索の基本設定を変えることで解決しますでしょ。そのナビの癖をつかみ自分の好みにあった設定に変えれば使いやすくなるかと思います。ゴリラで例えれば私の好みは「距離優先」、細かい中間地点を設定させたり。

アナウンスのタイミングはあまり差が見られなかったのですが、アナウンスの数はMapfanの方が頻繁でした。これは予想外。もちろん両方ともアナウンス音を消すことは出来ます。道案内としては、どちらも大きな差はないですね。

ということで!結論!!・・・一長一短!!!w


必ずしもフェアなチェックとは言えませんね〜。だからあまり真剣に読まないでくださいね。

しかしここで一つわかったことがあります。誰にもお勧めできることではありませんが。もし古いカーナビのマップ情報を買うかどうか悩んでいる人がいたら、一度マップアプリを試してみるといいでしょう

今後カーナビは徐々にiPhoneなどに食われていくかもしれませんが「共生の仕組みづくり」は比較的簡単な分野だと思います。
そのためのアイディアはあるけど、ココには書きませんw
posted by goro at 15:03 | 栃木 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | iPhoneのお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

ジムニーのスピーカー修理

中古車を買うと前の使用者のメンテ具合によって(ま〜時々ですが)脱力感に襲われる瞬間というものがあります。
「なぜ、わざわざこんな面倒くさいメンテをしてたの?」「普通に○○を買って○○すりゃいいのに!」「ご苦労様ですw」という瞬間。

私のポンコツジムニーのオーディオは、買った時から右スピーカーだけしか鳴らない状態でした。

ま、それでも十分ですし、知らされた上で買っていますのでいいのですが、先日の車検時に、下回りメンテついでに左のスピーカーを調べてみたら、なんと!

元から左スピーカーなんか付いてないでやんの!

壊れたからなのか配線ごとブツ切ってやんの!!

(盗まれてはいないでしょ。そもそも、純正スピーカーなんて)

ジムニーJA11という車種は基本設計が昭和なので、オーディオなんて線さえつながっていればいいのです。その程度です。良い音場なんて期待できません。

しかし、そんな昭和テイストのジムニーに、今やカーナビやらiPhoneやらガジェットが付いてきてますし、せめてステレオで音を聴きたいなと思うようになりまして。で、今回の顛末となったと。

しかし、元から無かったとは。しかも配線がブッタ切れてたとは。・・・笑うしか無いです。

例え壊れたとしても、外さないで、線も切らないで、そのままにしておいてほしかった。

早速購入したのはカロッツェリアの安物スピーカー。安物でいいのです。加えて隙間テープも使いました。何に使うかはこいつをさわったことがある人だけが知っていますよね。

IMG_0514.jpg

まずはターミナルキットでブッタ切られた配線をキレイにつなぎ直し、純正のスピーカーカバーに隙間テープで簡易的なインシュレーターを作り、明らかにオーバークオリティなスピーカーを設置しまして、完了。

低音チェックは、やはり、何はなくともPerfumeで(edgeトライアングルmixで)

OK!
音が裏に抜けてしまっているけど、OK!
高音が籠ってしまいがちだけど、OK!
そもそもジムニーで良い音なんて期待しちゃダメ!!
平べったいスポンジをインシュレーター代わりにスピーカー裏のボディ内部に貼る技もあるにはありますが、今回はそこまでしなくてもいいっしょ。
明らかに純正の音よりは良くなっているのですから。

助手の夏風も、癒し効果で作業をお手伝いしてくれましたとさ。
posted by goro at 15:07 | 栃木 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 犬ぐるま製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
那須塩原のホームページ制作はHIPsまで
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。